いんげん豆の糖質について

白いんげん豆ダイエット事件で、悪いイメージで有名となってしまったいんげん豆。そのときは嘔吐・下痢の症状だったのですが、これは加熱不足が原因です。ちゃんと調理すれば全く問題のない食材ですのご安心を。


では気を取り直して糖質についてまとめます

 

いんげん豆100gの糖質はどれくらい?

いんげん豆(100g)の糖質

糖質 4.3グラム
※一日摂取量の3.7%分

です。

※いんげん豆100gは100gで計算しています。

※糖質量はエネルギー、三大栄養素を元に算出しています。

 

いんげん豆の糖質の目安

数値ばかりではイメージしづらいと思うので、身近な食べ物の量に例えていんげん豆の糖質量についてまとめますね。

いんげん豆100gの糖質の大体の目安は以下の通りです。

白米(150g) 0.08杯分
玄米全粥(220g) 0.13杯分
クロワッサン(30g) 0.36個分
パスタ(80g) 0.08人分分
ファンタ(500lm) 0.07本分
バナナ(100g) 0.20本分
梅酒1杯(30g) 0.69杯分

 

「いんげん豆の糖質」みんなの意見は?

ではいんげん豆について、世間はどのような意見や評価を持っているのでしょうか。ちょっと皆さんの発言を覗いてみました。

  • いんげんまめは炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランス良く含むうえ、脂質が少ないため、ダイエットにもぴったり。
  • 白いんげん豆に多く含まれるファセオラミンは糖質・炭水化物の吸収を抑える効果あり。
  • 豆類は糖質が高いので血糖値上がるからだめって言う記事と、逆に含まれる成分が血糖値を下げる(上昇を抑える?)効果があるって記事とあってどっちだよ

 

参考:いんげん豆100gのカロリーと三大栄養素

糖質制限ダイエットで重要なのは糖質ですが、参考までにカロリーと三大栄養素についても触れておきます。健康のためにはバランスの良い食事も大切です。

いんげん豆100g(重さを100グラムとして計算)のカロリーと三大栄養素は以下のとおりです。

 

いんげん豆100g(100グラム)

カロリー 26kcal(1.7%)
たんぱく質 1.8g(2.9%)
脂質 0.2g(0.4%)
炭水化物 5.5g(2.6%)

※カッコ()内の数値と横棒グラフは、
『30代女性+目標体重49Kg』が一日に必要な摂取量に対する割合です。

 

まとめ

いんげん豆の糖質について まとめ

いんげん豆100gあたりの糖質は4.3グラムでした。

また「豆類は糖質が高いので血糖値上がるからだめって言う記事と、逆に含まれる成分が血糖値を下げる(上昇を抑える?)効果があるって記事とあってどっちだよ」「いんげんまめは炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランス良く含むうえ、脂質が少ないため、ダイエットにもぴったり。」「白いんげん豆に多く含まれるファセオラミンは糖質・炭水化物の吸収を抑える効果あり。」などの意見も見られました。

糖質制限ダイエットは一日に摂取する糖質量を正確に把握しコントロールすることが大切です。
当サイトでは、あなたのお役に立てるように他の食材の糖質についてもいろいろ調べていますので、気になる食材がありましたら是非確認してみてください。

正しい知識を得てダイエットを成功させましょー!