糖質の計算方法は?

糖質量を意識したダイエットが注目され、カロリーだけでなく糖質をコントロールしようとしてる一が増えています。

でも食品の糖質量が栄養成分表示に書いているのが少ないのが現状です。

IMG_8315

こんな風にちゃんと糖質量が書いてあるとうれしいんですけどね。

最近は増えましたが、まだまだここまで細かい表記は少ないのが現状です。

 

「知りたいのに書いてない」こんな悩みに答えるため、ここでは糖質の計算方法についてまとめます。

 

 

糖質が含まれている栄養成分は?|糖質の計算方法1

栄養成分表に掲載されている項目は「カロリー(エネルギー)」「たんぱく質(蛋白質)「脂質」「炭水化物」が多いと思います。

これらの項目の中に糖質という言葉は出てきませんが、糖質が含まれている項目があります。それは「炭水化物」です。

炭水化物には糖質が踏まれています。ちなみに残りは何がというと「食物繊維」です。もし炭水化物と食物繊維の量が分かっていれば以下のように糖質を計算することができます。

糖質(g)=炭水化物(g)-食物繊維(g)

これは、簡単に計算できますね。

 

例えば、こんな感じで栄養成分は表記されています。

IMG_8317

炭水化物=30.2g、食物繊維=3.8gですね。

ということいは、

糖質の計算は30.2-3.8で「糖質=26.5g」となります。

 

これは簡単でいいのですが、

食物繊維が書いていないとお手上げな糖質計算方法でもあります。

というか、食物繊維が記載されていないものが殆どです!

 

カロリーと三大栄養成分と糖質の関係|糖質の計算方法2

上記の計算方法1が簡単で手っ取り早いのですが、食物繊維まで記載してある食品は、そんなに多くないのが、私の感覚です。

多くの食品はこんな感じの栄養成分表の表記だと思います。

IMG_8312

このようにカロリーと三大栄養成分が書いてあるのが多いです。

これには糖質量について記載されていませんが、実はこの記載内容からでも糖質を計算することができます!

 

まずはウンチクなのですが…

栄養素にはそれぞれエネルギー(カロリー)が決まっています。

  • 糖質1gは4kcal
  • たんぱく質1gは4kcal
  • 脂質1gは9kcal

ちなみに食物繊維は0kclです。

で、これらのすべてカロリーを合計したのが、栄養成分表示に記載されておるエネルギー(熱量)です。

鋭い人はわかりましたよね。

エネルギー(kcal)とたんぱく質(g)と糖質(g)がわかれば、糖質を計算する事ができます!計算式はこのようになります。

糖質(g)=(総エネルギー(kcal)-(たんぱく質(g)×4)-(脂質(g)×9))÷4

 

例題を出します。

 

IMG_8313

これに先ほどの計算を当てはめてみると

糖質=(311-(7.9×4)-(11.7×9))÷4

糖質=(311 – 31.6 – 105.3)÷4

糖質=174.1÷4

糖質≒43.5g

となります。

 

 

 

ちょっとややこしいですね(笑)

店頭で栄養成分表示をみて、暗算で計算できる人はなかなかの頭脳をお持ちの方だと思います。

 

このサイトでは、すべての糖質の値をこの計算2で計算しています。

なのでまれに、食物繊維まで記載している食品の「炭水化物ー食物繊維」の値と異なることがありますが、その点はご勘弁ください。

 

さっきの例題も栄養成分表の炭水化物は「43.4g」で、計算した糖質は「43.5g」でしたよね。

糖質と食物繊維を合わせて炭水化物なので、糖質が炭水化物より大きくなることはありえません。でも実際計算すると計算すると逆転しちゃう栄養成分の表記はたくさんあります。

私も、糖質について調べていろいろな食品の糖質の計算をして気が付いたのですが、意外と「栄養成分表示」って意外とアバウトですよ。計算2で算出した糖質が記載されている炭水化物より大きくなったりするのはザラでした。

※このサイトでは「糖質>炭水化物」となった場合は、糖質=炭水化物で記載しています。

 

おまけ:経験に基づく糖質の求め方?|糖質の計算方法3?

えっと…話半分で聞いてください。信じるか信じないかがあなた次第(笑)

今回、このサイトでいろいろな食品の糖質を調べていく中の経験から、以下ような傾向がみられています。

健康によくなさそうな食品は、糖質≒炭水化物である

 

ジャンクフードやお菓子などは、ほぼこの傾向に当てはまっていました。

上記計算1で話ていますが「糖質=炭水化物-食物繊維」なわけで、つまりは食物繊維がなければ「糖質=炭水化物」になります。

ここから話が飛躍して「食物繊維がない≒健康によくなさそうな食品」としています。(あくまで個人的感覚です)

心の片隅にでも止めておいていただければいいかと思います^^。