少し前から話題となっているダイエット法ですが、その呼び名はさまざまで、「糖質制限ダイエット」「糖質オフダイエット」「低糖質ダイエット」「炭水化物抜きダイエット」等々。

厳密にいうとその度合いの違いがあるものもありますが、「糖質をコントロールすることによるダイエット」という本質では全て同じです。

そんな糖質制限ダイエットについてお話します。

 

糖質制限ダイエットの基本ルール

「読んで字のごとく…」と言ってしまえば実もふたもないのですが、三大栄養素である「炭水化物」「脂質」「タンパク質」のうち「炭水化物(≒糖質)」を減らすことによって実現するダイエット法です。

そして糖質制限ダイエットの基本的なルールは以下のとおりです。

  • 糖質を減らす。
  • あとは普通の食生活でよい。

 

シンプルなルールですよね。ただし、このシンプルなルールを都合よく解釈しないでくださいね。

「普通の食生活」と言っているだけで、「暴飲暴食」を認めているわけではないですよ。カロリーを一般的な摂取量の2倍も3倍もとったり、肉ばっかり食べたり…。こんなのは普通の食生活とは言いませんから!

 

糖質制限ダイエットで痩せる仕組み

糖質制限ダイエットでなぜ痩せるかについてお話する前に太る理由・原因について理解する必要があります。

ここでもザックリとご説明しますが、詳しく理解したい方は以下の記事も参考にしてください。

太る理由・原因について

 

太る原因の1つの大きな理由は「糖質の過剰摂取」によるものです。糖質というのは摂取するとブドウ糖になり血液の中に入っていきます。糖というのは脳などのエネルキーになるのもなのですが、量が多いと血糖値があがり、インスリンなるものが分泌されます。

このインスリンは血糖値を下げる(血液中の糖を減らす)ためにブドウ糖を中性脂肪に変え、脂肪細胞に蓄積していく働きをします。これにより、脂肪細胞は大きくなり、そして分裂していきます。この結果が脂肪が多い「=太る」になるわけです。

もうお分かりだと思いますが、この一連のメカニズムの根源である糖質の摂取量を減らすことで、太らないようにしようというのが「糖質制限ダイエット」というわけです。

ちなみに、糖質が不足した場合は、脂肪細胞に蓄積してある中性脂肪を使って補います。つまり脂肪が小さくなる(減る)ということです。

 

糖質の制限量はどれくらい?

先ほどまで糖質がおかす「太るメカニズム」について話をしてきました。このままでは糖質は悪者ですよね。

糖質は、「脂質」「タンパク質」と並ぶ三大栄養素の一つであり、我々の生きるためには不可欠な栄養素であり、不足してしまうと十分に体が機能しなくなってしまいます。疲れたときや頭がボーっとするときに甘いものってうれしいですよね。あれって体が喜んでいるんでよ。

糖質が不足すると

糖質の摂取が不十分だと体の中では何が起こるのでしょうか。まずが外部から糖質を摂取しないと血中のブドウ糖が不足します。

糖質が重要な体のエネルギー源なので不足している状態は大変な事態です。体はこの緊急事態を乗りきるために、体中のあちこちで備蓄分をエネルギーに戻して乗り切ろうとします。

その備蓄先の一つの脂肪細胞にため込んだ中性脂肪もあります。

糖質の摂取量はどれくらいにする

糖質の1日に必要な摂取量については、いろんな意見があります。

「一日の総カロリーから引き算する値」「糖尿病の権威が提案する値」等。糖質制限ダイエットとして目標とする値もいろいろあります。

関連記事:糖質の摂取量は?一日の必要量

このサイトでは、継続的に健康的に無理のないダイエットということで「一日に糖質を130gにする糖質制限ダイエット」をお勧めします。